スズメバチの巣に遭遇?!蜂の巣退治の前にできる対処方法

巣が大きくなれば自分でもハチの巣退治ができる! 巣が大きくなれば自分でもハチの巣退治ができる!

蜂の巣退治のちょっとその前に~刺されないための防御法~

複数の蜂

スズメバチは攻撃的な性格ですが、それでもやはり刺されるときには理由があります。つまりその原因を防げば、スズメバチに刺される危険性を軽減できるのです。スズメバチが、どのようなものに反応して攻撃してくるのか見てみましょう。

蜂が刺してくる理由がある

スズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどが刺してくる理由は、主に「巣を守るため」です。繁殖のために活動している蜂達は、その拠点となる巣が危険にさらされていると感じたときは、外敵に対して攻撃してきます。巣に近付かないことが一番ですが、自宅のベランダや玄関の軒下などに巣を作られることも多いです。その場合、刺されるリスクはなくならないので、早めに駆除を行なう必要があります。

スズメバチが攻撃してくるもの

黒色に反応する
スズメバチは、白と黒しか認識できないと言われています。「黒」は蜂の天敵に多い色なので、スズメバチもこの色に反応して攻撃してきます。スズメバチを刺激しないためには、黒っぽい色の服装や持ち物を避けることが必須です。青や茶、赤などの濃い色も蜂にとっては黒っぽく見えるため、十分注意しましょう。白や薄い色は蜂にとって攻撃色ではないため、スズメバチから身を守るための保護色になります。蜂の巣退治を行なう際は、この色で対処しましょう。
匂いに注意する
蜂は色以外に、匂いにも反応します。強い匂いに興奮するため、香水や柔軟剤、カーコロン、匂いの強い洗剤などには要注意です。蜂の巣退治を行なう際は、匂いに気を付けましょう。汗やジュースの香り、生ゴミの匂いでも集まってきます。
光るもの
蜂は強い光に反応するので、スズメバチ駆除で蜂の巣退治を行なうときはライトの強さ、色に気を付けなければいけません。光を反射する金属にも注意しましょう。蜂の巣退治の際は、貴金属をはめないこと、肌をしっかりと隠すことが大事です。

蜂の巣退治は小さくても危険が伴う場合がある

直径5センチ以下の小さな蜂の巣であっても、スズメバチの危険性が高いことには変わりありません。「これくらいの大きさであれば大丈夫」と考えて、自分でスズメバチの蜂の巣退治を行なう人は少なくないでしょう。しかし、油断は禁物です。適切な流れや対処方法を把握しておかなければ、スズメバチの攻撃を直に受けてしまうでしょう。自信がない場合は、小さい巣であっても業者に依頼した方が良いです。

TOPボタン